2012年9月16日日曜日

国会事故調報告書"Message from the Chairman"にとんでもない記述

原発事故に関する調査委員会の報告書を読もうとして、いくつかの資料を調べていて驚いた。
今、原発事故に関する主要な調査委員会は3つある。最も早く組織された「東京電力福島原子力発電所における事故調査・検証委員会」(委員長:畑村洋太郎)(いわゆる政府事故調)、「東京電力福島原子力発電所事故調査委員会」(委員長:黒川 清)(いわゆる国会事故調)、これら公的な調査委員会に対して、民間の調査委員会が、「福島原発事故独立検証委員会 調査・検証報告書」(委員長:北澤宏一)である。
それぞれ重要な報告書であり、今後十分な時間をかけて検討する必要がある。

このうちの国会事故調の報告書の英語版"The National Diet of JapanThe official report of Executive summary The Fukushima  Nuclear Accident Independent Investigation Commission"の"Message from the Chairman"にとんでもない記述がある。
"What must be admitted – very painfully – is that this was a disaster “Made in Japan.”  Its fundamental causes are to be found in the ingrained conventions of Japanese culture:  our reflexive obedience; our reluctance to question authority; our devotion to ‘sticking with the program’; our groupism; and our insularity."
原発事故の原因が、反射的な従順さ、権威に異を唱えない、決められたことに固執する、集団主義、島国根性などという日本文化に深く根ざした慣習にあるという。
日本文化がこうした特徴を持つことを何の説明も無しに、"Message from the Chairman"に掲載し、それが原発事故の原因であると主張している。
もし、そうだとすると、今回の事故は不可避であり、これまでにも同様の事故があり、将来また起こることになる。とんでもない個人的な感想である。これがせっかくの国会事故調の報告書の英語版の冒頭に掲載されるとは!
これで日本への誤解がますます増幅されるだろう。

さらに重要なことは、この内容が日本語版には無いことである。委員会の各メンバーや事務局は慎重に検討したのだろうか。「発信箱:原発事故は文化のせい?=福本容子(論説室)」は以下の通り適切に指摘している。
「でも、もっと本質的な問題がある。原子力ムラは本当に日本独特か?「満足できない報告書」という論評で米ブルームバーグは、アメリカの炭坑爆発を例に、安全軽視は日本特有なんかじゃない、と反論している。とんでもない金利不正操作が発覚したロンドンの金融界も、ムラ中のムラだ。」

最後に改めて、私の見解を補足しておこう。日本文化さらには日本企業や日本経済が集団主義や島国根性だとみる考え方は、海外で作り出された神話であり、日本の一部の知識人が十分な検討も無しに受け入れた神話である。事実は全く正反対である。
この点については、私の英語版の著書(2009)と、この秋に出版予定の2冊目の英語版の著書(出版されしだいここにリンクを設定します)を参照していただきたいと思う。
また、機会を改めて、この点についてさらに詳しく説明し、原発事故の原因についても上記の調査報告書をふまえてまとめてみたい。

ブログのTOPブログの目次新保博彦のホームページ

0 件のコメント:

コメントを投稿