2013年1月13日日曜日

本当にすごい! Kindleの成長

昨年12月、AmazonのKindleが日本で販売された。その総合的な評価は改めてすることにして、私の最初の英語著作Historical Development of Japanese Companies: Corporate Governance and Foreign Investment: Expanded and Revised Second Edition [Kindle Edition](2009)の、本日、完成した改訂の特徴を紹介したい。

上記の本のKindle Editionのデータの改訂は、以下の通りである。
1. まず何よりもデータサイズが格段に小さくなった。これまでのデータは27メガを超えていて、他のKindle版図書よりもかなり大きかった。今回のデータは、Amazonへの送信時点で10.0メガ、現在Amazonで販売されているのは6.3メガとなっている。
2. 私は、できるだけ多くの資料を掲載しようとして、図表を多用している。これらをすべてタップするだけで、容易に拡大でき、詳しく内容を見ることができる。以前のデータでは、この操作ができなかった。
3. 目次と各章・節、図表一覧と各図表、本文中の脚注指示と各脚注がリンクされ、読者が本の各箇所を自由自在に行き来できる。

以上の結果は、この数年間のKindleのハードウェアとソフトウェアの進化に最も多くを負っている。私は、Kindleがアメリカで発売された時に購入し、ずっと愛用してきたが、今使っている日本語版は大きく成長している。Kindleの成長は本当にすごい!このようになれば、電子書籍の需要は爆発的に増加するだろう。
日本の出版社はあまりにも出遅れている。電子書籍の普及は、印刷版書籍の減少を必ずもたらすわけではない。相互の厳しい競争で、新たな需要を作り出して行く必要がある。

私はとりあえず上記の最初の英語著作のKindle版の改訂を優先して行ったが、今印刷版で販売中の第二の英語著作、Japanese Companies in East Asia: History and Prospects [Paperback](2012)のKindle Editionについても、同じような内容にして近日中に販売できるように準備中である。

ブログのTOPブログの目次新保博彦のホームページ

0 件のコメント:

コメントを投稿