2018年7月10日火曜日

『米国会社四季報』でみるアメリカ企業100社

『米国会社四季報』が東洋経済新報社によって2014年に刊行が開始されて、今年は5年目になる。アメリカにおける情報技術の革新が急速に進み、その恩恵が我が国にも幅広く浸透し、アメリカ企業への関心が強まっている。また、アメリカ企業などへの直接に投資ができる証券会社も増え、有力な投資先としての意義と魅力も増してきている。

『米国会社四季報 2018春夏号』は、「注目企業」101社と「有力・成長企業」538社を掲載しているが、私は論文「『米国会社四季報』でみるアメリカ企業100社 (100 U.S. Companies in “U.S. Company Handbook”)で、そのうち時価総額順に100社を選び、主要な情報を整理し、その特徴を明らかにした。

本ブログは、その簡単な紹介である。論文は、私のWebsiteでご覧ください。なお、ここをクリックしていただいても読むことができます。

本論文で取り上げたアメリカ企業100社は、東洋経済ONLINEがまとめた、2018年4月13日の株式時価総額順による100社である。『米国会社四季報』での株式時価総額は2018年3月13日時点のものである。
論文末の付表1では100社を、本文中の表1では上位30社を一覧にした。掲載した項目は、Symbol、産業、時価総額(10億USドル)、創業年、上場市場、各Indexへの採用、PER、株主(機関投資家、その他一般株主)である。
下の表は、表1および付表1のうち上位10社と、100社の最大値、最小値、平均値である。
(クリックすると表は拡大できます、次の表も同様です)

以下では主な検討結果を簡単に紹介して行きたい。
・しばしば指摘されるように、100社の上位にはFAANG株の企業が並ぶ。F(Facebook)、A(Apple)、A(Amazon)、N(Netflix, 36位)、G(Google, Alphabet)である。
PERの100社平均は42.56である。アメリカ企業の平均が20倍前後と言われているので、100社平均はほぼその2倍となっている。分布をみると、一桁が7社、10台が28社、20台が33社、30台が12社、40台が4社、50台が5社、それ以上が11社もある。
・アメリカ市場での機関投資家の比重は高まっていく傾向にあるが、「有力・成長企業」を除く68社の平均は71.0%を超えている。
・アメリカ企業100社の最大の産業はソフトウエア・サービスで、それに属する企業は12社、株式時価総額は100社合計の20.2%に達する。第2の産業は、医薬・バイオ・ライフサイエンスで、11社からなり、時価総額は100社計の9.4%である。
・これに対して、従来アメリカ企業の中心であった、銀行やエネルギー、自動車などの産業の地位は低下している。アメリカの自動車3社は100社にランクインしていない。

次に、全100社を付表3で、上位30社を表3で一覧にする。取り上げるのは、売上高(2017、2013年度)、希薄化後1株利益(2017、2013年度)、自己資本比率、フリーCF、ROE、研究開発費、100社の最大値、最小値、平均値である。
下の表は、表3および付表3のうち上位10社と、100社の最大値、最小値、平均値である。














売上高増加率(2017年度と2013年度の比較、年率)が最も高いのは、Facebook Incの50.66%である。79億ドルから407億ドルに増加した。希薄化後1株利益の増加率(2017年度と2013年度の比較、年率)では、Starbucks Corp の274.64%が最も高い。絶対額は小さいが、1000万ドルから19.7億ドルへの増加である。
自己資本比率は、100社では32.96%であるが、金融と非金融では大きな差がある。金融の銀行6社と各種金融6社の平均は13.02%である。
「フリーCF」は事業活動によって得たキャッシュから事業を継続するための資金を差し引いたもの」である。フリーCFが100億ドルを超える企業は17社ある。最も多いのはApple Incの388億ドル、Alphabet Incの234億ドルが続く。
ROEは、100社のうちデータが無い34社を除く66社の平均で56.96である。日本企業が改革を通して模索している目標が10なので、上位企業の数値とは言えはるかに高い。
研究開発費が100億ドルを超す企業は6社で、Amazon.com Incの226億ドル、Alphabet Incの166億ドル、Intel Corpの131億ドルが上位3社である。

なお、論文では、アメリカ市場の30ETF(Exchange Traded Funds)の紹介も試みているが、スペースの都合で割愛する。
このように、『米国会社四季報』は、有力なアメリカ企業を詳しく紹介している貴重な文献である。ぜひとも多くの方々が、この書を通じて、アメリカと言う国、アメリカ経済の理解を進め、アメリカへの投資のために活用していただきたい。

ブログのTOPブログの目次新保博彦のホームページ

2018年6月21日木曜日

木村光彦『日本統治下の朝鮮』を読む(2)

前回に続き、木村光彦『日本統治下の朝鮮』の第4章以降を紹介したい。なお、この著作の書評を、私のWebsiteにやや長文で掲載したが、以下はその要約(後半部)である。
 掲載した書評の完全版は、ここをクリックしていただいても読めます。

第4章では、日中戦争から帝国崩壊までの時期について、「1 総督府の膨張」では総督府の財政を、「2 食糧増産計画と農業統制」では食料生産の状況を具体的に示した。「4 軍事工業化―総力戦に不可欠な領域化」では、希少鉱物とその用途、製鉄所、軽金属工業、肥料・化学材料その他について詳しく紹介している。この過程のすべてで、野口遵の日本窒素をはじめとする多数の日本企業が活躍していることが改めて詳細に紹介されている。最後に帝国日本全体と朝鮮の1944年末の基礎資材生産能力をまとめている。

(水豊ダム、Wikipedia)
そして、「5 朝鮮の「戦争経済」とは」では、「・・・戦時期、域内の工業成長によって自給度が高まった。朝鮮史の研究者の間では、朝鮮経済は戦時期、内地経済にいっそう従属するようになったという見解が多くみられる。しかし実際は、むしろ逆であった。」(166)という結論が導かれる。
さらに注目すべきなのは、「他方、「鮮満一如」が謳(うた)われたように、朝鮮と満洲の経済的結びつきが強まった。」(166)事実である。水豊ダムの例は最も大規模な事例だが、他にも京城紡織金秊洙が南満紡績を設立し、満洲で活躍したという事実があることも私の著作では強調した。

世界最大の鴨緑江水力発電機(東芝未来科学館)
第5章「2 戦時期との連続・断絶」で、木村氏は、「北朝鮮の連続性、南朝鮮の非連続性」という特徴付けを、3つの南北比較で試みている。北朝鮮には、全体主義というイデオロギー、統制経済、軍事化という特徴が付けられ、それは日本統治下の北朝鮮から受けついだとされている。

わかりやすい類推ではあるが、私はこの結論について、木村氏の第5章までの分析や、それへの私の補足とは対立するばかりか、戦前日本の経済と企業について誤解を招く表現だと指摘しておきたい。確認しなければならないのは、野口遵が率いる日本窒素など日本企業などによる、市場を基礎とする企業活動は、拠点を北朝鮮に置いており、北朝鮮から朝鮮をけん引していたという事実である。また、これらの日本企業の電力・化学などを中核とする産業構成は、必ずしも軍事産業とは言えない。これに対して、北朝鮮の全体主義というイデオロギー、統制経済、軍事化からなる社会主義経済と、それを支える国有企業は、ソ連とその支援を受けた現在の北朝鮮指導部によって外部から軍事的・強制的に持ち込まれたものであり、日本の遺産を「継承」したのではない。

終章では、貿易、投資、人の移動などで順に、朝鮮統治の結果が検証されている。なかでも興味深いのは、「投資は内地に巨額の利益を生んだか」の箇所である。
「内地人投資者は対朝鮮投資から高利潤を上げたといわれる。」しかし、「朝鮮の対外投資収益支払額(すべて内地向けとみなす)は一九三〇年代、内地の国民所得の〇・五%未満、非農業部門の財産(利潤・利子)所得に対しても、一・五%未満にすぎない(表6-3)」(197-8)この低さは、当時の朝鮮在住の日本人はいうまでもなく、在朝鮮日本企業が得た収益の多くを朝鮮に再投資していたことを表している。日本は対朝鮮投資の利益の多くを内地に環流させたわけではなかった。
そして、以下のまとめで本書が締めくくられる。「総合的にみれば、日本は朝鮮を、比較的低コストで巧みに統治したといえよう。巧みに、というのは、治安の維持に成功するとともに経済成長(近代化と言い換えてもよい)を促進したからである。」(202)

木村光彦氏の実証主義に徹した朝鮮論による『日本統治下の朝鮮』は、日本統治下の朝鮮経済を理解するため基礎的な事実を広範囲に明らかにした。今後、この課題を考えるための基本的な著作となるだろう。新書という形式でもあり、多くの専門家ではない読者に幅広く読まれることを期待したい。イデオロギーや民族感情、政治的配慮ではなく、実証主義に徹した歴史研究こそが、日本と韓国・北朝鮮の関係を抜本的に改善する基礎である。

木村光彦『日本統治下の朝鮮』を読む(1)

日本統治下朝鮮の経済についての画期的な著作が刊行された。木村光彦『日本統治下の朝鮮 統計と実証研究は何を語るか』、中公新書、2018年4月25日発行である。この著作の書評を、私のWebsiteにやや長文で掲載したが、以下はその要約である。
 掲載した書評の完全版は、ここをクリックしていただいても読めます。

木村氏の著作のねらいは、「まえがき」の次の一節に簡潔明瞭に要約されている。「本書ではそのような[共産主義思想](この[ ]は新保による補足を示す)イデオロギーを排し、実証主義に徹した朝鮮論を提示したい。論点は経済にしぼる。幸い、近年、この分野の研究は長足の進歩をとげ、かつての見解を一変させる議論も登場している。それは、統計データの整備・分析の進展によるところが大きい」(iv、数字はページ数、以下同じ)

目次は以下の通りである。
まえがき
序章 韓国併合時―一九一〇年代初期の状態とは
第1章 日本の統治政策―財政の視点から
第2章 近代産業の発展―非農業への急速な移行
第3章 「貧困化」説の検証
第4章 戦時経済の急展開―日中戦争から帝国崩壊まで
第5章 北朝鮮・韓国への継承―帝国の遺産
終章 朝鮮統治から日本は何を得たのか

野口遵(Wikipediaより)
以下では重要な章を、2回のブログに分けて詳しく紹介したい。
第2章は、「1 農業生産の増加―貨幣経済の進展」から始まり、最も重要な箇所のひとつである「2 鉱工業の高成長―未開発からの勃興」に進む。
この節で最も注目されるのは、近代産業発展の担い手となった、様々な分野の日本企業、なかでも野口遵と日本窒素の活動の紹介である。 それは内地にも見られなかった大規模な事業で、以下の節で詳説されているように、朝鮮半島の経済を一気に世界的なレベルに高めた。
日本窒素の子会社朝鮮窒素(Wikipediaより)

次節に以下の様な適切な記述がある。「比較経済史の観点からみると、工業化の進展は、欧米の植民地にはない特異なものであった。とくに、本国にも存在しない巨大水力発電所やそれに依拠する大規模工場群の建設は、日本の朝鮮統治と欧米の植民地統治の違いを際立たせる。」(85)「野口遵による大規模電源開発と化学工業」「世界的化学コンビナートの出現」「野口のさらなる事業展開」(73-78)、さらに第4章「電源開発―水豊ダム」(127-8)をぜひ参照していただきたい。

ところで私は、私の著作Japanese Companies in East Asia: History and Prospects: Expanded and Revised Second Editionで、日本窒素などの新興財閥の企業形態が、金融市場に基盤を置く市場中心型コーポレート・ガバナンスの企業であったこと、その特徴を持つ企業は、市場の幅広い株主から資金を調達し、利益の多くを株主に還元する企業だったことを明らかにした。この企業形態は、社会主義国では大部分を占め、発展途上国では支配的な企業形態である国有企業とは全く異なっていた。

第2章にはもうひとつ注目すべき節がある。「3 驚異的な発展と朝鮮人の参画」である。「ここでとりわけ強調すべきは、産業発展に被統治者の朝鮮人が広く関与したことである。・・・。驚異的な発展は、統治側・被統治側の双方の力が結合して起こったのである。」(85)
この点について詳しくはエッカートの『日本帝国の申し子』を参照していただき、さらに多数の朝鮮人企業について詳しくは私の著作を参照していただきたい。

すでにみたような急速な経済発展があれば、全体としてみれば、朝鮮人の賃金も上昇し、生活水準も改善すると予想される。木村氏は、第3章で、小作農の増加、食料消費量と身長の変化から、それを捉えようとした。

2018年5月25日金曜日

ボストン美術館浮世絵名品展 鈴木春信

ボストン美術館浮世絵名品展 鈴木春信」(あべのハルカス美術館)に行ってきた。予想外に入場者が多く、男性も多いのは少し驚いた。浮世絵や春信に対する関心が急速に高まっているのを感じることができた。

「ボストン美術館には、600点以上の春信作品が所蔵され、世界一のコレクションを誇ります。このうちの半数以上を占めるスポルディング・コレクションは門外不出、たとえボストン美術館であっても展示されることはありません。今回はそれと並ぶ質量を誇るビゲロー・コレクションより選りすぐりの作品を展示します。」(展覧会HP、かっこ付き文書は以下同じ)



展覧会は次のような構成になっていた。

第1章は絵暦交換会の流行と錦絵の誕生、第2-4章は以下の通り、第5章は江戸の今を描くで、春信に前後する作家の作品も展示されている。以下で、3つの章の代表作を紹介したい。

第2章 絵を読む楽しみ
《見立玉虫 屋島の合戦》(1766-67年頃、左の上段)
「屋島の合戦において那須与一が、平家方の官女玉虫の誘いを察し船上の扇を見事射抜いたという物語が原典」
春信の作品の特徴のひとつは、古典や故事に倣って制作することである。それが多くの人に人気を博した理由かもしれない。

第3章 江戸の恋人たち
《寄菊 夜菊を折り取る男女》(1769-70年頃、左の中段)
「闇夜にまぎれて菊の花をとろうとする若衆が、灯火を差し掛ける若い娘と目を合わせています。」

このページ下段で紹介する「夜の萩」と同様のモチーフで、若い男女の恋の、春信独特の世界が描かれている。

第4章 日常を愛おしむ
《五常 智》(1767年、左の下段)
「手習いの少女たち。江戸時代は子どもの教育に熱心で、男女問わず識字率は高かったといいます。」
春信の作品には、当時の人々の日常の生活を丁寧に描いている作品が多く、この作品を通して当時の生活が、意外に現代に近いことに気がつかされる。

ところで、春信の代表作は以上に止まらない。スポルディング・コレクション (Spaulding Collection, Museum of Fine Arts, Boston) が所蔵している雪中相合傘は有名である。

小林忠氏は、「浮世絵の至宝 ボストン美術館秘蔵 スポルディング・コレクション名作選」(小学館、2009年)で、「降りしきる雪を吹き墨の手法によって鉛白の白をまいており(現在は黒変しているが)、ほかと異なってユニークな作例である。」(179ページ)と書かれている。

画像ではわかりにくいが、「雪の白や着物の白には空摺(凹凸のみで模様を加える技法)が、施されている。」(次に掲げる文献, p.16)春信の作品を含む浮世絵は、作家ごとの個性的なテーマと作品群だけではなく、制作の多様な表現力と独創性な技術がすばらしい。

この作品とともに、「夜の萩」が、「今、浮世絵がおもしろい! 第5巻 鈴木春信」の付録として41.0*57.2(cm)の特大ポスターとして見ることができる。

この作品は、「墨一色の背景に、秋の虫の音に誘われて屋外に出た若衆と娘の親しげな様子を描いたロマンチックな図。」(上掲書, p.19)雪中相合傘と同様に、若いユニセックスの男女が、流れるような曲線で描かれている。

同書は春信の作品を、「青春」「流麗」「温故」の3つのキーワードで捉え、「雪中相合傘」と「夜の萩」は「青春」のページで紹介している。

同書には、これらと同様に評価の高い「坐鋪八景」や春画「風流艶色真似ゑもん」が掲載されていて、春信の全貌を知るのにとても役に立つ。価格が680円とお手頃だが、現在では増し刷りされていないようで、古書でしか入手出来ないのは残念である。

関連する私のブログ:浮世絵の至宝 ボストン美術館秘蔵 スポルディング・コレクション名作選 (2012.7.29)

ブログのTOPブログの目次新保博彦のホームページ

2018年5月8日火曜日

並河靖之七宝記念館館

日本を代表する七宝家並河靖之の展覧会には、これまでいくつも出かけていたが、なかなか行く機会の無かった並河靖之七宝記念館館にようやく行くことができた。
京都地下鉄の東山駅に近く、周辺には観光地、寺院、美術館が多く、いくつかを掛け持ちで巡ると良いかもしれない。

今はまさに5月の新緑の季節、館も周辺も緑でとても美しい。昨日からの雨で緑がさらに鮮やかに感じる。

右の写真は主屋から眺めた庭園の全景である。
「庭園は七代目小川治兵衛(屋号:植治)が手がけ、琵琶湖疏水(明治23年・1890竣工)を導水した池」(記念館パンフレット)が庭園の中心となっている。
駅に近いにもかかわらず意外に静かで、主屋とともに多くの外国の賓客を楽しませたと思われる。

左の写真は主屋の応接室である。
手前に置かれているのは、並河靖之が得た多くの記念のメダルが入れられた額である。

主屋の反対側には工房があるが、残念ながらそこでの写真撮影はできなかった。
並河の作品の評価は日増しに高まっているように思われるので、近い将来七宝の制作過程や工房の姿がより詳しく紹介される日を待ちたい。

ここで、改めて、私の過去のブログでの並河の作品を紹介したい。まず、「並河靖之 七宝展 明治七宝の誘惑-透明な黒の感性」(伊丹市立美術館)(2017年9月17日)である。この展覧会で驚いたのは、その図録のすばらしさだった。それは、「248ページからなり、多数の鮮明な画像とともに、詳しい論説や説明が掲載されており、並河靖之の一連の作品を理解するために必須の書籍になっていると思われる。」(上記ブログ)

展示された作品はすばらしいものばかりだったが、やはり右上の「桜蝶図平皿」(明治中期の作品、図録では33番)を再掲しておきたい。
図録の次のページには詳細図があるが、桜と蝶が細部にわたって克明に制作されているのがよくわかる。(当初の原稿の黄色の箇所に誤りがあり修正しました)

そして、これに対応する作品も紹介しておこう。
同じような構図で、背景がピンク色になっているのが、の「桜蝶文皿」(『七宝』INAXギャラリーより)である。先の図録(94)では、記念館所蔵の下図が掲載されている。

私は、Pinterestの私のページでこの作品を紹介しているが、おそらく最も多くピンを保存していただいているひとつが、この作品である。
ピンク色の背景の皿がとても珍しいと言うことだろう。

並河靖之とその工房の作品群は、明治時代の工芸作品の水準の高さを示しているが、それはその後の日本の製造業の発展の先駆けとなったと言えるだろう。多くの人々がその作品に触れ、また記念館を訪問されることを期待したい。

私の並河についてのもうひとつのブログ(2013年10月17日):日本の工芸:七宝、並河靖之、Shippo, Yasuyuki Namikawa」


2018年3月21日水曜日

入江泰吉『私の大和路』(2)春夏紀行

入江泰吉氏の『私の大和路』の、先に紹介した秋冬紀行に続いて、今まさにその季節に移りつつある春夏紀行(小学館文庫)を紹介したい。
目次は、春陽大和路、追憶の大和、祈りのほとけ、人間のいない風景(白洲正子)、大和路の夏、回想・カメラで絵を描く人(杉本健吉)である。

最初の写真は、「春めく二月堂裏参道」。

「大仏殿の裏から二月堂に向かう参道は、ものさびた光景で、いかにも古都奈良らしい情感が漂うたたずまいである。私は四季にわたってよくこの裏参道を撮影するが、桜と同じころに木蓮も咲く。」(14)

このように入江は書いているが、今となっては、この写真のせいだろう、参道では、たくさんの写真家に出会って驚く。

今日は3月20日(2018年)、例年より早く関西でも桜の開花が宣言された。これからしばらく桜の開花のニュースと番組が続くだろう。

右の写真は「陽春大仏殿」。「撮影場所は、若草山の北側の奈良奥山ドライブウェイの途中にある三笠温泉郷付近の小高い丘で、背後に見えるのは興福寺の五重塔である。」(38)

入江は本書の別の箇所で、「桜は、あまり奈良、大和とは調和しないんじゃないかという気がする」(54)と書いているが、この写真を見ていると、あまりに見事で、それは本音かなと疑ってしまう。

春夏紀行にも、やはり風景を中心にする章にはさまれて、仏像の章「祈りのほとけ」の章がある。そのうちの1枚。「東大寺戒壇院広目天像」。

広目天は、「広く世間を視ること、つまり大らかな心で視野を広げ、正しい知恵を得ることが、結果的には無量の寿命を得ることになるというのですから、無病息災の仏といえるでしょう。」(西村公朝)

そして、これもまた有名な夏の1枚、「唐招提寺金堂列柱」。
「唐招提寺の南大門に立つと、正面に堂々とした金堂が視野いっぱいに映る。・・・石段を下りて近づくにしたがい、屋根の量感は弱まり、そしてその大屋根を支える八本の丸い列柱がはっきりしてくる。」(138)

その列柱とともに堂内全体を覆った青葉を対称にした1枚。青葉を鮮やかにし、列柱をつなぐ光が、夏の強い光を感じさせる。


同じ唐招提寺での1枚、「唐招提寺 蓮」。
「唐招提寺の境内には、珍しい種類の蓮華がたくさん集められている。蓮華といえば、極楽に咲くともいわれ、そして、仏の座とも供花ともされている。」(166)

唐招提寺には何度も行っているのに、珍しい種類のたくさんの蓮華とは!気がつかなかった。右上の写真が夏の始まりとすれば、左の写真は夏の終わりを飾っている。

入江氏は、この1枚で風景と花、仏の「春夏紀行」を締めくくる。氏の『私の大和路』は、大和路の寺社と街の長い歴史と自然の様々な表情を多彩に伝えてくれる、おすすめのガイドブックである。

入江泰吉『私の大和路』(1)秋冬紀行

ブログのTOPブログの目次新保博彦のホームページ


2018年3月7日水曜日

日英語版、写真満載の『Man'yō Luster <万葉集> 新装版』

Man'yō Luster <万葉集> 新装版』(リーピ英雄:英訳、中西進:日本語現代語訳、井上博道:写真、高岡一弥:アートディレクション、パイインターナショナル、2014年
万葉集の原文とその現代語訳、英訳、そしてその歌に関連の深い写真が一体となった美しい本(文庫本サイズ)である。
以前に元の大きな版を見たまますっかり忘れていたが、たまたま奈良の「幡・INOUE夢風ひろば東大寺店」で再発見した。
ぜひ多くの方に読んでいただきたい本である。外国人への贈り物にもぴったりのように思える。
今回のブログでの紹介では、スペースの都合もあり、一部を除いて、いくつかの代表的な万葉集の歌と英語訳、関連づけされている写真のみを載せることにした。

秋さらば今も見るごと妻恋ひに鹿鳴かむ山そ高野原の上
If autumn were here
these would be mountains
as we see them now,
where the deer cries
in longing for his wife-
on these high fields
(写真:奈良市雑司町 正倉院, 76-7、数字はページ数、以下同じ)

田児の浦ゆうち出でて見れば真白にそ不尽の高嶺に雪は降りける
Coming out
   from Tago’s nestled cove,
I gaze:
   white, pure white
the snow has fallen
on Fuji’s lofty peak.
(写真:興津川河口沖より富士山を眺める, 164-5)

あをによし寧楽の京師は咲く花の薫ふがごとく今盛りなり
The capital at Nara,
   beautiful in blue earth,
flourishes now
like the luster
of the flowers in bloom.
(写真:奈良市川上町奈良奥山ドライプウェイより, 176-7)



世の中は空しきものと知る時しいよよますますかなしかりけり
When I realized
this world is an empty thing,
then all the more I felt
a deeper and deeper sorrow.
 「空しきもの」をリービ英雄氏は「an empty thing」と訳している。万葉集の時代にどの程度仏教思想が浸透しているか、私にはよくわからないが、この訳で良いのだろうか?中西進氏の現代語訳も「空(くう)」となっている。リービ英雄氏の『英語で読む万葉集』(岩波新書)を調べてみたが、この歌は掲載されていなかった。

雪の色を奪ひて咲ける梅の花今盛りなり見む人もがも
The plum flourishes now,
its bloom is pillaging
the white from the snow.
Oh for someone to see it!
(写真:奈良市鹿野園町, 276-7)

ここに掲載したのはごく一部である。本文のページ数は380となっている。ぜひ手にとってご覧いただきたい。

ブログのTOPブログの目次新保博彦のホームページ